レディーは やっぱり 気難しい??

MTB ナイトライド

先週は雨で順延

その時は たくさん? 参加予定だったのですが

急遽の 中止~順延の決定で たくさんの方に迷惑をかけることに

で 昨夜は 3人 でも レベルが合う方々だったので

今回は シングルトラックへも 突入

めちゃ おもろ~~~でした。

DSC07705.jpg

また ご希望を聞きながら 1~2月の開催もあるかも?

そうそう こちらは限定?で 1月2日 恒例のを やる予定・・・・・リッチー2号です。


チューブレス

初めて使ったのは MTBで ユッチンソンのパイソン

ロードでは フュージョン3

以来 いろいろ?使いながら 今は MTB もロードも IRCばかり

初期のころの IRCは ビートが固い(嵌めにくい)とか 風評もありましたが

私にとっては それが標準?っていうか

普通に 手で嵌められるし(新品の時 時々レバー使うかな?)ね。


今回 初の レディー タイプ

メーカーによって作りが違うのか?

世間で言う やっぱり IRC のビートが 固いのか?

前回も書いてますが 嵌めやすい

ただ 空気を入れるのが(ビートを上げるのが) めちゃ困難

で ビートが上がってからも・・・・・

ここら辺が レディー 特有なのか??

DSC07709.jpg

こんな部分からも シーラントが 浮き出てきます。

内面の作りが 雑?なんでしょうね~~。

この感じなら 高圧で使う ロードでは たぶん 困難とちがうかな??

少し 軽量に仕上がるとか メリットもあるようですけど

IRCなら チューブレスの規格で 軽量ですしね。

ちなみに IRCは UST規格じゃ 無いのですよね。

MTBのタイヤも 最近は レディー表記が 多いみたいですけど

なんだかな~~~って 感じですね。

手持ちのシーラントを (残り少なかったのですけど) ふんだんに使って

ようやく 使えるかな?って 程度に なりました。

こんなでも やっぱり チューブレスは やめられません。

なんといっても「信者」ですからね。

これで なんとか 火曜には シェイクダウンができそうですね。

小さい方が

最新のルーべ

フロントにサスペンション?が組み込まれてるのだとか

ず~~~っと以前 キャノンデールに 組み込まれてるのもあったけど・・・

ロードバイクって 車に例えれば フォーミュラーカーじゃないかと

すべてのことを切り捨てて 走ることに徹してるというか

で フォーミュラを買ってみた物の(実際は 私も含め 買ったことある方は ほとんど無いやろけど)

乗り心地 悪いやんって(汗)

太い(クッションのいい)タイヤ履かせて サスを柔らかくして・・・・

さてさて どうなっていくのでしょうね・・・・はしです。


今日は こんなの

DSC07566.jpg
(左は以前から持っていたもの)

IRCから 同様な品が 発売されてて

AGさん 店頭に 類似品?が置かれていたのが気になってまして

この前 問いやさんが これ持っとかないとねって (その方はチューブラでしたが)

って わざわざ購入 なんだかその行為が 私にはめちゃ説得力があって(笑)

私 「IRCからも 同様なの でてますよね?」

彼 「ひょっとして 製造は一緒とちゃいますか~?」って

以前からのハッチンソンより 2/3ぐらいの大きさがエエですね。

ハッチンソンは 確かアンモニア?が使われてて

後 リムに良くないですので って これは どうなんやろか?(汗)

とりあえず サドルバックへ

小さな穴で 急いでる時は これで「ブシュ~~~~」っと

あっという間に復帰できますね・・・・・そのはずです。(汗)

鬼門?

ここ数日 いっきに暑くなりました。

店のエアコンも それに合わせて 運転中

数日前の天気予報では 本日は 雨だったのですが

好天

レース後で 休憩でもよかったのですが いつものコースへ

DSC07464.jpg

ただ あまりの暑さに ここから引き返すことに

久しぶりの日中と この暑さで 体がびっくりしたかも・・・・はしです。


モモロ手前の Y金属さんや D鉄工業さんのところで

また やられました(汗)

3回目かも?

DSC07460.jpg

旋盤で削ったカスのような 金属

以前にも サイドをざっくりやられたことありますが

今回は トレッド中央 

最悪な場所でなく 不幸中の・・・・(汗)

DSC07462.jpg

モモロで チューブを入れて 

通常なら これでOKですけど

チューブレスは 帰ってから 復旧しないと

唯一 チューブドより 面倒なところでしょうかね。


めくってみると・・・・

DSC07466.jpg

3~5mmぐらいでしょうか?

こんな穴が開いてても モモロまで走れる

(異物が刺さったままだと)

やっぱり パンクした時の安全性は チューブドより かなり上ですね。

DSC07468.jpg

自転車関連の品は ほぼ AGさんでお世話になってますが

これは・・・・コーナンかな

ま~ お店で見たことも無いですしね(汗)

DSC07467.jpg

サイドカットは 厄介ですけど

ほぼトレッド中央ですので

使用も まず問題ないでしょう。

次からは ちょっと大回りになるけど

ここは 避けて通らないと あかん場所かもね。

物事には意味がある!・・・・のか???

お客様から「桃」いただきました。

3日ほど 食べ放題かな?

っていうか 早く食べないと 傷んできます。

お客様自身も 近所から食べきれない量をいただいての おすそ分け

有難いですね。・・・・はしです。


チューブレスタイヤ

順次 進化をしてるみたいで

今のは ホイールとタイヤの嵌合は めちゃエエ感じです。

そうなると やっぱりここ

以前からでも シーラントが一番集中してましたからね。

現在が ロード MTBとも シマノのホイールでして

ナットがこんなの

この前 訳あって ノーチューブ製に交換してまして

こちらは ごく普通ですね。

DSC07367.jpg



元のはゴムのリングがついてます。

外から当てて 空気漏れは防げそうにはありませんけど・・・・

旧型のマビック(MTB用)を見てみると

やっぱり シマノと同じ形状だったり

これ やっぱり 意味があるのか??

ということで 早速 移植してみました。

さてさて どうなんでしょうね。

何処から来たの??

昨日のメンテ

日ごろは あんまり水はつかわないのですけど

DSC07409.jpg

ケミカルもエエけど 洗剤でもけっこうエエ感じに洗えます。

DSC07411.jpg

こんな時 エエ仕事をするパーツ

DSC07413.jpg

ちょっと工夫が加えられて よりエエ感じ・・・・・はしです。


で ちまちまいろいろせこいことしてると

なんだか「ころころ・・・・」

ホイールから・・・・

アルミの削りカス リムの中に入ってること時々あるようですけど

いままでこんな音聞いたこと無いし・・・・。

どう聞いても タイヤかリムから

とりあえず タイヤを剥いで見ると

こんなの出ました~~~~(汗)

DSC07414.jpg

何処から来たのや??

って たぶん こいつ??

DSC07417.jpg

ゴムの劣化を防ぐためのワックス?

白い部分をこすると・・・・こんな感じ

DSC07415.jpg

小さい粒が 雪だるまを作るがごとく

ころころ転がって 成長したと思われますね。

いままでは ちょこっとシーラントを使ってたので

シーラントが「粒」になるのを 防いでいたのでしょうね。

また 一つノウハウっていうか

装着前には 面倒でもワックスを擦り落とす・・・面倒ですけど(汗)

こんなことあっても やっぱりチューブレスは 一押しです!

今回はめちゃ勘合具合が良かったのと

その時 バランス取りをちゃんとしたので

剥がしたくはなかったのですけど

ま~これも 早めのメンテが 功を奏したというか

また 明日にでも バランス 取り直しますかね(汗)

プロフィール

はし

Author:はし
はしです。
火曜日は ロード・MTBで遊んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR